レスポンシブ用メニューボタン

Webライティング

新しくゼロからサイト作成を検討されている場合、サイト作成自体は外注することができますが、コンテンツの中身はご自分で準備していただくことがほとんどです。しかし、忙しくて時間がかけられない、どう書いたらよいのかわからない、などの理由で最低限の情報だけを準備して掲載している、なんてことありませんか?残念ながら情報量の少ないサイトはユーザー的にも検索エンジン的にも価値が低くなってしまいがちです。

そんな方へ、サイバーテック沖縄では「Webライティングサービス」を提供しております!

せっかくWebサイトがあるのですから、自社商品やサービス、それらに対する熱い思いをしっかりコンテンツ化して発信しましょう!

Webライティングサービスについて

Webライティングサービス

Webライティングとは?

元々本や雑誌で提供されていた情報が、現在ではどんどんWebの世界へ移行されていますが、時折そのままの文章をWebサイトに流用しているケースも見受けられます。もしSEO効果を狙いたいのであれば、文章の意味はそのままに、多少そちらを意識した内容にリライトすることをお勧めします。

もちろん、日本語としてきちんとした文脈と文法が使用されている文章でも、Webサイトに掲載する場合、見やすくなるコツというものが存在します。例えば見出しが適切にレイアウトされているか、改行やスペースは適切か、などなど、注意点を書き上げればキリがありません。

コンテンツを自動生成するプログラムも存在しますが、こちらもほとんどがスパムと判断されてしまいますので、結局は日本語を母国語(あるいは母国語レベルで理解)とする人間が、Webならではの読みやすさや内容を意識して書き上げたコンテンツにはかないません。

コンテンツの内容にもよりますが、最低でも5W1Hを意識したライティングを行い、推敲しながら見やすさ・読みやすさを整えていくとコンテンツのクオリティも上がっていくでしょう。

一般的な5W1Hの例

  • When→いつ
  • Where→どこで
  • Who→だれが
  • What→何を
  • Why→なぜ
  • How→どのように

*コンテンツの種類によっては「Whom→誰に」「How many→どのくらい」「How much→いくら」が必要になることもあります。

サイバーテック Webライティングのサービス例

  • ・商品やサービス紹介文の作成代行
  • ・各種コンテンツ記事の作成代行
  • ・ECサイトの商品ページ更新
  • ・既存コンテンツの修正や更新
  • ・新規コンテンツ追加の提案、追加作業

日本語コンテンツへの対応となりますと、海外のオフショア拠点では対応が難しく、国内の業者でも精度とコストのバランスを見極める必要があります。また先日、某社運営サイトにて、信憑性の薄いコンテンツを大量に掲載していたことが表面化し、問題となったことも記憶に新しいかと思います。クラウドソーシングにて外注した記事が大半を占めていたようですが、フリーランスによるライティングでは「誰に」依頼したかが見えにくいといった問題や、クオリティのばらつきも発生し、結局ディレクションに大きな負担がかかることも考えられます。

サイバーテック沖縄では、顔が見える「企業」としてWebライティング業務を実施していますので、国内企業でありながら、沖縄の人件費をいかした低価格でありながら、お客様にご納得いただけるコンテンツの精度、ディレクションをお約束いたします。

また、Webライティングによらず、以下のような各種書き起こしサービスも実施しております。

・紙媒体からの文字起こし
印刷物はもちろん、手書きでもOK!
・音声からの文字起こし

取材テープや会議、座談会音声なども文字起こしいたします!

*聞き取れない部分はタイムスタンプで対応させていただくこともございます

もちろん、お客様のご予算・ご要望に合わせて柔軟に対応させていただきます。

ライティングに関することでしたらお気軽にお問い合わせください!

Copyright © 2017 CyberTech Okinawa. All Rights Reserved.