レスポンシブ用メニューボタン

コンテンツライティングによるSEO内部対策サービス

以前まで、サイトの検索順位を上げるためにコンテンツの量が重視される傾向がありました。しかし最近の検索アルゴリズムでは、コンテンツの質も厳しくチェックされるようになっています。

コンテンツライティングによるSEO内部対策サービス

現在検索エンジンで主流となっているGoogleでは、Search Consoleのヘルプページにて、「品質に関するガイドライン」をアナウンスしています。

https://support.google.com/webmasters/answer/35769?hl=ja

こちらのページで掲げられた基本方針は下記の通りです。

基本方針

  • ・検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。
  • ・ユーザーをだますようなことをしない。
  • ・検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。 その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。
  • ・どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトといえるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。

(https://support.google.com/webmasters/answer/35769?hl=ja より引用)

わかりやすくまとめると、「ユーザーの利便性を最優先に、オリジナリティのある魅力的なコンテンツを発信する」ことが望ましいとされています。つまり、手っ取り早くコンテンツを作成するために、他サイトからコピーする、同じようなコンテンツを重複させることは、「スパム」としてペナルティが与えられる可能性が高く、検索順位を大きく下げることにもつながります。有益な情報を、読みやすく、わかりやすく、自分の言葉で発信していれば自然とユーザーが集まり、検索エンジンにも好意的に扱ってもらえる、と検索エンジン自身がアナウンスしているわけです。なので、コンテンツの作成は多少時間や手間がかかってしまったとしても、コツコツと真面目に書いて質を上げることが、SEO対策としても近道になります。

SEO対策としてのWebライティング

SEO対策にコンテンツの質が重要ということは繰り返しお伝えしていることですが、実際にコンテンツを読むユーザー向けと、検索エンジン向けのSEO対策があります。ユーザー向けとしては、「Webライティング」に掲載をいたしますので、こちらでは省きます。

検索エンジン向けのライティングをする前に、SEO対策を実施しようとするページを、何のキーワードで上位表示を目指すか、という設定を行うことからはじめます。候補を選ぶ方法はコンテンツライティングとは異なるノウハウが必要となるのでここでは割愛しますが、目標とするキーワードを決定します。

それから、決定した「キーワード」をどう盛り込んでいくかが重要になってきます。単純にキーワードを羅列する、「キーワードサラダ」という手法もありましたが、アルゴリズムの進んだ現在では検索エンジンからの評価は低くなるので使えません。

どうしても通常の文章よりはキーワードが多くなってしまい、多少のくどさを感じる文章になってしまいますが、日本語として意味が通る、不自然にならない程度のバランスを取ってキーワードや、キーワードから派生する「共起語」を盛り込んでいく必要があります。

まとめると、以下のような流れになります。

・キーワード分析
→お客様の業種や商材、ターゲットとなる客層を分析し、効果的なキーワードを分析し、ご提案いたします。もしお客様で希望のキーワードがありましたら、そちらも精査・対応させていただきます。
・既存コンテンツのリライト
→すでに商品説明やサービス紹介を掲載しているというサイトでも、コンテンツの見直しは必要です。文字数増加やキーワードを盛り込んだリライトを行います。

SEO対策は、ネットユーザーや検索エンジンの動向で目まぐるしく変化していきます。これはコーディングでもコンテンツライティングでも同じです。一度実施するだけでは不完全、コンサルティング~SEO内部対策実施~運用まで繰り返し行うことで、検索エンジンのアルゴリズム変更にも柔軟に対応することができます。

SEO内部対策フロー図

ご予算やご要望に合わせて初期対策のみのご依頼も承っております。まずはお気軽にご相談ください!

Copyright © 2017 CyberTech Okinawa. All Rights Reserved.