レスポンシブ用メニューボタン

HTMLコーディングの注意点画像

HTMLコーディングの注意点

いかにしてスケジュールを管理するかが重要

Web制作ではスケジュールの管理がとても重要となります。作業単価や見積もり金額は作業時間(工数)を元に組み立てられていることがほとんどだからです。 また例えば、新発売キャンペーンで使用されるサイトなどの場合、納期が遅れてしまうとリリースに間に合わず、損害賠償にまで発展するケースもゼロではありません。 逆に納期を急ぐあまり、サイトのデザインを詰めきれていなかったり、レスポンシブ対応を後回しにしてしまったりすることも多々あります。

最低限の役割を果たすサイトがあればよいこともありますが、できるだけ必要な機能を備えたサイトを作るために十分なスケジュール組みをした方がよいでしょう。

一番時間のかかる工程は?

サイバーテック沖縄にて過去にHTMLコーディングサービスを提供してきた中で、実感としてあるのはデザインを決める工程が一番工数の読めない部分ということです。デザイン前に打合せを行いますが、それを元にこちらからの提案を作成する時間もかかりますし、 お客様からのフィードバックでもタイムロスが発生します。さらにイメージの変更まで出てくるとさらに工数が圧迫されていきます。そのため弊社では、できるだけお客様でデザインを用意していただくか、少なくとも具体的なイメージは用意していただけるようにお願いをしています。 そもそもHTMLコーディングのサービスコンセプトは、コーディング部分のアウトソーシングです。デザイン部分を極力省くことで、HTMLコーディング単価や、見積もり金額、参考納期をある程度画一化するスタイルを取っています。

デザイン工程を経て制作のHTMLコーディングが始まりますが、そこでもスケジュール管理のために必要な項目があります。それは準備に尽きます。Webサイトのデザインデータやコンテンツテキストなど、作業に必要となるものは、発注前に準備しておくと作業がスムーズに進みます。サイバーテック沖縄ではコンテンツ制作代行も承っておりますが、スケジュールを短くしたい、制作費用を抑えたいという希望があれば、出来るだけ自前で準備していただくことをオススメいたします。

急な変更は控える

HTMLコーディング段階でもWebサイトの構成の変更や見た目・効果の追加、Javascriptの実装など、変更・修正が起こる事はよくあります。本来であれば制作前の打合せできちんと詰めていないといけない部分ですが、 発注側と受注側の認識相違やクライアントの意向など、理由は様々です。HTML5になったことでコーディングの幅が広がり、多少複雑なものでも簡単にリカバリーできることもありますが、双方の責任所在によっては追加費用が発生し、当然納期も遅れることでしょう。 事前の打合せはしっかり行い、双方の認識のすり合わせを行っておくこと、途中の設計変更は費用も時間もかかることなどを理解して、Webサイト制作に取り組みましょう。

納期をズラさないようにするには

サイバーテック沖縄では「Webサイトの目的を明確にする」ことが納期遵守にとって重要だと考えています。共通の目的を確認し合っておけば、打合せでの認識相違やクライアントの気変わりを極力減らすことができるでしょう。もちろんゼロにするのは難しいことですが、心構えは大切です。

目的が定まれば仕様も固まる

HTMLコーディングでの見た目や効果等は的確にWebサイトの目的・性格に合っている範囲で行うべきですが、逆にサイトの目的がぶれなければ仕様は早いうちに固まります。すると、その仕様に合ったjavaScriptの実装や、HTMLコーディング作業を元に費用とスケジュールの見積もりを計算することができます。それらを踏まえて発注依頼をすることが、制作全体の円滑化と、予算面も含め合理的に作業を進めていく事につながります。逆に制作側も日頃からHTML5の最新動向をチェックしておくなどしておけば、トレンドになっているような仕様を少ない工数でも実装できる、と提案できるでしょう。なるべく良いサイトをなるべく短期間で作りたいのは発注側も受注側も一緒です。しっかりすり合わせを行いましょう。

Webサイトの保守・管理について

多くの場合、Webサイトは出来上がって終わりではありません。常に新しい情報をアップデートしていかなくてはいけないからです。そういったWebサイトの保守・管理をクライアントが行う、制作会社に依頼する、都度外注先を検討する、など考えられるパターンはいくつかあります。もしクライアント自ら行うのであれば、ページの追加や修正作業が簡素化できるようにWordPressなどのCMSを導入しておくのをオススメします。もちろん静的なサイトを作るより高くなり、費用やスケジュールが変わってきますので、先のサイト運営まで検討に含めて予算を組む必要があるでしょう。CMS導入のメリットとして、とりあえずCMSを導入しておけば、外注する際にも工程が画一化できるので、外注費用が抑えられることがあげられます。Webサイト作成は、費用が多少高くついたとしても信頼できるWeb制作会社に依頼をして、その後の更新については自ら行うか、スキルはまぁまぁだけど早くて安い外注先を見つけておくというのもひとつの方法です。また、CMSを導入しても操作方法を覚えておかなくてはいけません。制作を依頼する際にはCMSの操作方法をレクチャーしてもらうことも事前に取り決めておけると安心です。近年主流となっているWordPressならネット上に情報がたくさん流れているので、担当者が自分で知識を得ることも十分可能です。

シーサーコーディングは完全オンライン対応により、お客様に合った高品質・低価格のHTMLコーディングを実現します。まずはお気軽にご相談下さい。

Copyright © 2017 CyberTech Okinawa. All Rights Reserved.